一般社団法人 ユニバーサルアクセシビリティ評価機構 -Universal Accessibility Evaluation Organization(UAEO)-|組織概要
  • ←文字の大きさが変えられます

    menu
  • TOP
  • 組織概要
  • 活動内容
  • 会員制度
  • 業界情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針





  • アクセシビリティの良い社会を目指して

    一般社団法人 ユニバーサルアクセシビリティ評価機構は、日本国内外の福祉介護サービスとそれに関係する商品のアクセシビリティについて調査と研究を行い、利用者にとって望ましい客観的な評価基準を策定し、より安心で豊かなサービスと商品を人々が享受できることを目的として設立されました。



    ページのトップへ戻る

    理事長挨拶

      総務省統計局が今年(2014年)4月に発表した日本の推計人口によると、予想通り65歳以上の高齢者が占める割合(高齢化率)が初めて25%を越えました。4人に1人です。この割合は今後も上昇を続け、2035年には33.4%となるそうです。3人に1人が高齢者ということです。日本は、世界ではじめて経験する本物の超高齢者社会に突入したのです。

     私が福祉と介護の世界に飛び込んでから12年経ちました。
    この12年の間に福祉システムと介護サービスは、質的にも量的にも大きく変化しています。こうした福祉・介護業界の大きなうねりに合わせた、最適な福祉システムと介護サービスのコンビネーションとは何か、或いは医療場面では福祉・介護はどうなるのか、それはいかなる経済的条件の下に支えられるべきか、誰が福祉の介護現場を担うのか、それを支える社会的・ICT技術的背景をどう発展させるか等々、私は福祉と介護の世界をより客観的で誰にでもわかりやすく、且つグローバルな視点から評価するシステムを導入する必要性を強く感じておりました。

     この度、福祉と介護の未来を憂慮される専門家の方々や病院評価事業を行ってこられた方々の協力を得て、福祉と介護の分野で使われている商品やサービスに関しての客観的な評価を行う法人を立ち上げることと致しました。
     介護施設での第三者評価はこれまでもございました。第三者評価システムは、施設で提供されているサービス内容について、第三者の立場から評価を行うという非常に意義のあるものです。私も実際にこのシステムを活用することで様々なトライアルを実践し、介護現場で提供するサービスの質を高めてまいりました。
     今回の評価システムは、これまでの第三者評価システムで網羅できなかった点に照準を定め、さらに視点を変えて考えるという試みも行うつもりです。福祉と介護の世界での商品やサービスの生産者から流通者、供給者から使用者まで、全てのステークホルダー(利害関係者)を含めて評価基準を定め、その結果を一般の方々にわかりやすく公開していこうと考えております。

     福祉や介護で使われている商品やサービスも、今後は世界標準での競争に入ってゆくと思われます。評価も世界基準がもとめられる時代になるでしょう。その点、国連グローバルポイントの概念はとても参考になります。これからは既成の概念だけでなくサスティナビリティにも留意し、人権や汚職といった世界基準をも意識した、新しい概念を取り入れるべきなのではないかと考えております。

     生産から流通、販売や利用者を含めた広い立場の人々の叡智を集め、「より安全でより暮らしやすい社会生活を実現する」ための礎としてユニバーサルアクセシビリティ評価機構がお役に立てるように努力する所存でございます。関係する皆さま方の御助言並びに御指導を賜りたいと思います。

    代表理事 尾林和子
    2014年9月9日




    ページのトップへ戻る


    法人概要

    法人名一般社団法人 ユニバーサルアクセシビリティ評価機構
    Universal Accessibility Evaluation Organization Japan(UAEO)
    事務所所在地〒160-0000 東京都新宿区百人町2-24-28
    Tel:+81(03)6869-8223
    Fax:+81(03)6869-8577 
    設立年月日2014年2月28日
    目 的福祉・介護に関わる全ての関与者(ステークスホルダー)と共に、福祉・介護に関わるサービス若しくは事業又は商品の適正な評価及び認定、並びに福祉・介護に関する知識と情報の普及及び啓発を行い、全ての関与者がより安心で豊かなサービスや商品を享受することが出来る環境の整備を図ることを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。
    1. 福祉・介護に関わるサービス、施設、事業及び商品のユニバーサルアクセシビリティについての調査、研究、基準策定、評価、認定及び情報提供に関する事業
    2. 福祉・介護に関わるサービス、施設、事業及び商品のユニバーサルアクセシビリティについての相談、支援及びコンサルティングに関する事業
    3. 福祉と介護に関わる個人や団体等への連絡、協力、調整、交流、連携、表彰、顕彰及び提言に関する事業
    4. 介護職員初任者研修、実務者研修、障碍者居宅介護事業従事者基礎研修等を始めとする、介護人材の育成に関する研修事業
    5. 機関紙、書籍、雑誌、放送番組等の企画、制作、編集、デザイン、発行、配信及び販売並びにそれらの相談、支援及びコンサルティングに関する事業
    6. 各種セミナー、研究会、交流会、イベント等の企画、立案、実施及び運営に関する事業
    7. 著作権、著作隣接権、特許権、商標権、意匠権、肖像権その他無体財産権の取得、譲渡、販売、管理、使用許諾及びこれらの認定に関する事業
    8. 評価指導員や各種専門家等の紹介、斡旋及び仲介に関する事業
    9. 労働者派遣事業
    10. 前各号に附帯又は関連する一切の事業
    代表理事尾林和子
    理 事尾林和子
    関口令安
    中西純一





    ページのトップへ戻る


    ロゴマークの意味

     ユニバーサルアクセシビリティ評価機構のロゴマークは、Universal(ユニバーサル)の頭文字「U」と、Accessibility(アクセシビリティ)の「A」を擬人化し、「U」の瑠璃色は「海」を表し、「A」の常磐緑色が「森林・自然・大陸」を表し、人類が丸い地球の中で支え合って生きている様子をイメージしました。



    ページのトップへ戻る

     フォローする